顔イボ

顔イボの原因や特徴はどんな感じなの?
また治療法や治し方についてもご紹介!
日々のスキンケアで治すのも可能です。

 

顔イボの原因は?どんな種類の特徴がある?

顔イボの原因には何があるのでしょう?
またどんな種類の特徴があるのでしょうか?

 

顔イボ

 

顔イボが出来たといっても、
様々な種類や原因、特徴が違います。

 

自分にできてしまった顔の種類や特徴、
原因を知ると再発の予防や治療に効果的な行動をとれるようになります。

 

まず、顔イボの原因は大まかに分けてウイルスによるものと加齢によるもの
に分けられます。

 

ウイルスによるものは、ほとんどがヒトピロマーウイルスが原因で起こります。

 

ヒトピロマーウイルスは様々な種類があるのが特徴で、
150種類以上あるともいわれています。

 

例えば、顔にひっかき傷などがあって、
そこからヒトピロマーウイルスが侵入してしまうと顔イボが出来てしまいます。

 

傷がつきやすい部分ですので顔イボもできやすい部位といえます。

 

そして、顔イボができてしまい、気になって触ってしまうと、
ウイルスを広げてしまい、更に増えてしまいます。

 

ウイルスによる顔イボは原因となっているウイルスの種類が多く、
専門家でないと判断が難しいです。

 

そのため、素人判断で治療をするのではなく、皮膚科などに行くのもおすすめです。

 

放っておくとどんどんウイルスが増えて顔イボが多くなるので注意が必要です。

 

顔イボ

 

そして、加齢による顔イボは紫外線などが原因で加齢とともに茶色や黒色の顔イボができてきます。

 

ウイルスと違って色に特徴があるのでわかりやすいです。

 

こちらも紫外線に当たる機会が多い
顔や手足などにできやすいのが特徴です。

 

 

Menu []

 

 

 

顔イボの治療法や治し方にはどんな方法がある?

顔イボの治療法や治し方にはどんなものがあるのでしょうか?

 

顔イボ

 

顔イボの原因は先ほど紹介したようにウイルスと加齢が原因になっています。ウイルスによる顔イボは若い方でもできるのが特徴です。

 

しかし、若いうちから顔イボが出来てしまうと気になってしまいますよね。更にウイルスによる顔イボは放置していると増えるので治療が必要です。

 

顔イボの治療法にはいくつか方法があります。それぞれの治し方は治療期間や費用、手間などが異なるので自分に合うを治療法を見つけられるといいですね。

 

まず、手軽なのは自分自身で顔イボ用のジェルやクリームを試す方法です。乾燥状態ですと、顔に細かい傷がつきやすいのでジェルなどで保湿ケアをするのも大切です。

 

顔イボに効果のある成分が配合されたジェルは更に治療の効果が高まります。これは皮膚科に行く時間がなかなか取れないという方や顔イボが軽度でまず様子を見ながら治療をしたいという方にもおすすめです。

 

この後紹介する方法と並行してジェルによる治療法を行うのもいいですね。

 

顔イボ

 

また、薬などを使用する顔イボの治療法も存在します。薬は飲むタイプのものと塗るタイプのものが存在します。皮膚科などで処方される薬、薬局などにも顔イボに効果のある薬は販売されています。

 

そして、皮膚科でも治療できます。皮膚科での治し方はそこでしかできない方法も多く効果が一番高いといえるでしょう。しかし、費用が掛かりますし、通う手間も必要です。

 

顔イボはジェルで小さくできる?

顔イボはジェルで小さくできるのでしょうか?

 

顔イボ

 

顔イボを小さくしていく方法にジェルを使用する方法があります。ジェルを使用する方法は手軽ですが、本当に効果があるのか不安ですよね。

 

今回はジェルでどうしてイボが小さくなるのかについてとおすすめのジェルについて紹介していきます。

 

まず、顔イボ治療に大切なのは小さくすることと新しくできることを予防することです。

 

今ある顔イボを小さくするには肌のターンオーバーを正常にし、肌の再生力を高めることが必要です。肌のターンオーバーを正常にするだけでなく、顔イボを小さくしていく効果がある成分がヨクイニンです。

 

ヨクイニンは顔イボの治療薬やジェルに多く使用されています。

 

そして、新たにできにくくするには保湿が大切になります。肌が乾燥状態ですと目に見えないような小さい傷がいっぱいできてしまいます。そうなるとウイルスが侵入しやすく顔イボが増えてしまいます。

 

ジェルタイプのスキンケアは保湿効果が高いのでおすすめです。

 

なので、顔イボを小さくしてくれるヨクイニンが配合されたジェルが特に効果が高いということです。

 

ヨクイニンが配合されたジェルでおすすめのものは艶つや習慣というジェルです。このジェルは自然由来の成分がたくさん配合されています。

 

艶つや習慣

 

どの成分もお肌に良い効果があるものばかりです。先ほど紹介したヨクイニンだけではなく、肌を守ってくれるあんずエキス、肌の保湿効果を高めるプラセンタエキスやアロエベラ、ヒアルロン酸が配合されています。

 

更に艶つや習慣はこれだけでスキンケアを完了させることができるオールインワンジェルです。

 

忙しくて普段のスキンケアで手一杯でイボ対策なんてできないという方にもおすすめです。育児中の方や介護中の方にもぴったりですね。

 

自然由来で優しい成分が使われているので子供からご年配の方まで使うことが可能です。ご家族みんなで艶つや習慣を使っているというケースも多いです。

 

顔イボに効く薬で人気が高いのは?

顔イボに効く薬で人気があるのはどれでしょうか?

 

顔イボ

 

薬を使用して顔イボの治療を行うのも必要です。皮膚科などで薬が処方されますが、ご自身で薬局やインターネットで薬を購入することも可能です。

 

今回は自分で購入可能な顔イボに効果が高い薬を紹介します。

 

まずはイボコロリです。わかりやすい名前がついているので購入している方も多いです。内服薬と塗り薬タイプのものがあります。

 

但し、塗り薬タイプはウイルス性にはあまり効果がないので注意しましょう。

 

そして、他におすすめなのはヨクイニンSコタローです。こちらには顔イボの治療に効果があるヨクイニンが配合されています。こちらも内服薬です。

 

内服薬は、身体の内側から治していくので身体の様々な部位に効果があります。たくさんできているなら塗り薬より効果が高いと感じる方もいるでしょう。

 

しかし、内服薬は繰り返し飲まなければいけません。大変ですし、薬の飲み合わせによっては飲むことが難しい方もいますし、副作用の心配ですよね。

 

顔イボの薬は副作用が少ないとされていますがそれでも心配かと思われます。

 

顔イボ

 

副作用の心配がなく、日々のスキンケアと一緒にできるジェルによる治療がおすすめです。艶つや習慣にも顔イボの治療薬に含まれているヨクイニンが配合されています。

 

顔イボは皮膚科だとどんな治療をする?

顔イボは皮膚科だとどんな治療をするのでしょうか?

 

顔イボ

 

顔イボがたくさん増えてしまったり、きちんと皮膚科でみてもらいたいという方は治療のために皮膚科に行くかと思われます。

 

確かに皮膚科でしかすることができない治療法があって、その中には確実に取ってくれるものもあります。

 

皮膚科で行う顔イボ治療法は大きく分けて3つです。

 

一つ目は投薬治療です。塗り薬や飲み薬が処方されます。他にも飲んでいる薬があるなら皮膚科にて相談しながら薬を処方してもらえるのでいいですね。

 

二つ目は液体窒素による方法です。液体窒素で顔イボを凍らせて切除していきます。

 

安価ですが、完治までに時間がかかる、あくまで切除だけをしているので根本的な解決にならない、傷跡が残りやすいなどがデメリットです。

 

そして、最後の方法はレーザー治療です。レーザーを照射して小さくしていきます。

 

この方法は美容皮膚科に力をいれているところでよく行われています。

 

メリットとしては傷跡が残りにくく、きれいに治るのが特徴です。

 

しかし、残念ながら保険適用されず全額自己負担となってしまいます。

 

レーザー治療を行う際には最初に全体で治療費がいくらになりそうか医師に相談しておくといいでしょう。

 

顔イボ

 

顔イボは液体窒素で治る?

顔イボは液体窒素で治るのでしょうか?

 

顔イボ

 

顔イボの治療方法として液体窒素による方法はよく使用されています。

 

しかし、顔イボの種類によっては液体窒素を用いても治らない時があります。

 

液体窒素による治療はウイルス性の顔イボには効果的ですが、加齢とともにあらわれるこい茶色や黒色の顔イボには効果がありません

 

加齢が原因の顔イボを治す時は効果のある塗り薬や内服薬を試すのがいいでしょう。

 

液体窒素は地球上でもっとも温度が低い物質です。そのため、液体窒素をあてるとどんなものも凍ってしまいます。

 

そこで、顔イボ治療では液体窒素をあてて、組織を壊死させます

 

この時、患部は急激に低温やけどをした状態です。それを何度か完全になくなるまで繰り返していきます。

 

それでは、ここからは液体窒素による顔イボ治療のメリットとデメリットを確認していきましょう。

 

まずはメリットです。一番のメリットは確実にウイルス性であれば切除をすることができる点が特徴です。

 

どうしても内服薬や塗り薬は、効果に個人差があり、程度によっては治らないこともあります。

 

また、液体窒素による治療法は保険適用されるので治療費を安く抑えることができます。

 

他には1回の治療に掛かる時間が5分程度と短いのが特徴です。

 

次はデメリットを確認していきましょう。

 

顔イボ

 

まず、患部をやけどさせているのでそこの部分はダメージを受けてしまいます。

 

液体窒素による治療は残念ながら傷跡が残りやすいという特徴があります。

 

また、人によっては激しい痛みを感じることがあります。

 

そして、患部はやけどの状態であり、1週間程度は水ぶくれなどに気を付けなければならないという特徴もあります。

 

顔イボが痛い時の原因や治療法とは?

顔イボが痛い時の原因や治療法にはどういったものがある?

 

顔イボ

 

ただでさえ、顔という目立つ場所に出来てしまったら気になるのにそれが痛みを伴う場合は不安にもなりますよね。

 

まず、ウイルス性の場合はそれだけで痛みを感じるということはないのが特徴です。

 

通常、痛みがないため気づいたら大きくなっていた、気づいたら増えていたという状態になってしまいます。

 

それでも痛みを感じる場合には気になってついつい触ってしまう、何かが当たる位置にあることが考えられます。

 

何もないと痛みがないですが、何かにあたると痛いという場合がほとんどです。

 

擦れたり何かに当たったりして痛い状態ですと悪化したりウイルスが周りに広がり増えてしまうこともあります。

 

ウイルスが他人に付着すると他人に移ってしまうこともあるので速やかに治療をしましょう。

 

日常生活で顔イボが痛い場合はよく当たる場所に出来てしまっていると考えられるので、皮膚科で確実に短期間で治すように相談するといいでしょう。

 

顔イボ

 

また、万が一ですが、皮膚がんなどの別の病気の可能性もあります。イボが痛い場合には自己判断をせずに皮膚科などの専門家の指示を仰ぐようにしましょう。

 

顔イボが赤い場合の原因や治療法は?

顔イボが赤い場合の原因や治療法のオススメはどれでしょうか?

 

顔イボ

 

一般的には透明や白が特徴かと思われます。または、加齢による場合はこげ茶や黒色が多いでしょう。

 

しかし、中には赤い顔イボが出来てしまうこともあります。

 

赤い顔イボは血管の異常形成によってできてしまうものと長年の紫外線などが原因で加齢によってできるものに分けられます。

 

どちらの場合も血管が異常形成されてる血管腫と呼ばれています。

 

血管腫自体は悪性であるものはほとんどなく、良性のものがほとんどであり、危険はありません。

 

ただ、女性の場合や顔などの目立つ場所に赤い顔イボが出来てしまった場合は気になってしまいますよね。

 

良性であること、赤い顔イボのデメリットは上記のように見た目が気になるということしかない点から皮膚科に行っても治療は保険適用されないことが特徴です。

 

若い方などでどうしても顔にできた赤い顔イボの治療をしたい場合には全額自己負担をする覚悟で受診をするといいでしょう。

 

レーザー治療の場合は全額自己負担ですが痛みがなく、傷跡も残りにくいのでおすすめです。

 

顔イボ

 

または自分でできるスキンケアや飲み薬などで治療を試みてもいいですね。

 

顔イボが痒い場合の原因や治療法は?

顔イボが痒い場合の原因や治療法はどんな感じでしょうか?

 

顔イボ

 

顔イボの特徴は通常は痒いということはほとんどありません。痒い場合には思わぬ危険があるので紹介していきます。

 

まず、顔にできる多くが無害のものなのが特徴です。顔は常に露出していてウイルスも付着しやすいですし、紫外線も浴びやすいからできやすい部位といえるからです。

 

しかし、顔イボの多くは痒みを伴わないものです。仮に摩擦などで痒いということがあっても何もぶつかっていないのに痒いということはありません。

 

顔イボが痒い場合は胃や大腸などの消化器系のガンが原因で出来てしまっている場合があります。

 

ガンが原因でできる顔イボは痒いという特徴があります。痒い場合はすぐに病院に行って相談するようにしましょう。

 

また、ガンが原因の特徴には顔イボができやすい場所以外にも全身にわたりできるというものがあります。

 

普段、日にあたらないところに急に出来て痒いなどという場合は注意が必要です。

 

このように思わぬ病気が原因で起きてしまっているものがあります。不安な場合は自己判断せず専門家に相談しましょう。

 

顔イボ

 

顔イボにレーザー治療する時の費用や効果は?

顔イボにレーザー治療する場合の
費用や効果はどんな感じでしょうか?

 

まず、顔イボのレーザー治療の費用ですが、

 

炭酸ガスレーザー治療が一般的で、
約10,000円〜30,000円程度になっています。

 

ただし、顔イボの大きさや種類、数によって
治療費は大きく変わります。

 

また麻酔代やテーピング代などが
別途かかる病院も多いです。

 

レーザー治療の効果としては、
かなりの確率で顔イボが除去され、
目立たなくなります。

 

レーザー治療の後は、
術後のケアをしていく必要があります。

 

イボの種類によって期間は変わりますが、
老人性いぼの場合は、
早くて1週間前後で傷跡が目立たなくなります。